· 

ビスキュイを作れたらお菓子作りの幅が広がる!低糖質スイーツ作り

こんにちは。

講師の井手 麻美(いで まみ)です。

 

先日、いつも来られる小学四年生の将来パティシエになりたい!

という男の子とお母さんがレッスンに来られました。

ずいぶんと背が大きくなったな~と、子どもの成長を感じます。

 

私にも上が小学2年生の長男と、下は幼稚園の年中の次男がいますので、とてもこのお子さんには親近感がわきます。

 

初めて来られたレッスンでは、計量もまだ時間がかかる状態でしたし、ケーキの仕上げに時間がかかる状態でした。

 

考えてみれば小学4年生のお子さんだから、時間がかかるのは当然の話しなんですが。。

レッスン3回目でビスキュイ生地の作り方を覚えてくれていました

でも、回を重ねるごとに上達がいちじるしいのが子どもたちですね。

大人なら覚えるのに四苦八苦するところでも、けっこうスラスラ覚えてくれるのです。

頭がやわらかいからなんだとうな~と思って見ています。

 

今回作ったのは「糖質85%オフ!いちごのシャルロット」です。

ビスキュイ生地を作ってから始まるのですが、小学4年生のお子さんはレシピを見なくても手順をほとんどすべて

覚えていました!!

 

ただ単にビックリ!です。

そう言えば、レッスンで別立て生地をするのは3回目となります。

その間にほとんど手順を覚えていたのですね。

すごい!すごい!!

 

卵の泡立て具合いもしっかり覚えているし、

そして粉類の混ぜ方もとてもうまくなっています。

 

子どもの上達ぶりは、本当の毎回ビックリさせられます。

 

そしてババロアはレッスンで初めて作るのですが、以前自己流で作った時にうまく固まらなったようです。

 

話しを聞いているとレシピ本を見て作ったそうですが、ゼラチンの使い方がよく分からなかったそうです。

 

レシピ本にゼラチンの使い方の注意点が書いていなかったのか?

は定かではありませんが、

 

※ゼラチンは煮立たせた状態のものに入れると、凝固力が弱まります。

→ここが皆さん知らない方が多いのです。

 

知らないばっかりに、ゼリー作りやババロア作りで失敗していまいます。

 

一見、カンタンそうなゼリーやババロア作りですが、ポイントを知らないと失敗します。

 

お子さんに「ゼラチンは鍋の火を消してから入れてね。煮立たせたまま入れると、固まりにくくなるから」

と言うと、

「そんなの知らなかった。だから前に作った時失敗したんやな」

と言っていました。

 

ババロア作りの次は、作ったビスキュイ生地をセルクル型にセットしていく作業があります。

 

レッスンが終わって帰宅されてから、お母さんからメッセージをいただきました。

お子さんいわく

「楽しかった。いつものケーキ作りより難しい。レベルが違った!でもビスキュイ作るの楽しかったわ」

と言ってくれていたようです。

 

そしてレッスンで作ったいちごのシャルロットを弟さんが食べたそうです。

「ババロア部分がお気に入りで、もっと食べたいって、言ってました」

とおっしゃっていました。

 

そう言えば、他の生徒さん中にもお子さんにシャルロットを食べさせてあげたところ

とても気にってくれた、と聞いています。

 

今回のシャルロットに入れたババロアは、口当たりを良くするための工夫をしているからなんです。

ビスキュイ生地の作れるとお菓子作りの幅が広がる!

 

今回のシャルロット作りでは、どの工程も大切な要素がつまっていますが、特に覚えていだきたいのは

「ビスキュイ生地」です。

 

ビスキュイ生地は、フランス菓子ではよく使うスポンジ生地の一種です。

フルーツやクリームとの相性もいいので、とても使いやすい生地です。

たとえば、ティラミスやブッセといったお菓子にも使われています。

 

ビスキュイ生地が作れたら、お菓子作りの幅が広がります。

でも、自己流で作ると失敗される方が多いのです。

 

それは卵の泡立て不足や混ぜすぎが原因であったりして、生地がゆるくできあがってしまうため

食感の良い生地にはなりにくくなります。

 

レッスンでは、今まで9年間生徒さんを見てきて失敗しやすいポイントを生徒さんに伝えています。

 

逆に言えば失敗しやすい点=成功するポイント

なのです。

 

残念ながら逆に言えば失敗しやすい点=成功するポイントを知らなければ、何度やっても失敗する可能性があります。

 

今回のシャルロットでは、みなさんビスキュイ生地の食感の良さ+ババロアの口当たりの良さに驚かれていました。

 

味は、低糖質だとは言え普通の砂糖・小麦粉を使ったお菓子と比べても遜色のない味です。

 

むしろ、より普通の砂糖・小麦粉を使ったお菓子より甘味はしっかりとあるものの、サッパリとした後味で

「ホールでも食べられるのかも!?」

と言われる方もいるくらいです。

 

 

話しはそれましたが、それくらいビスキュイ生地って大切!という話しをしたかったのです。

限りなく罪悪感ゼロ!のお菓子作り

当教室では「大切な人にプレゼントできる低糖質スイーツ講座」を開催しています。

 

低糖質スイーツと聞くと、特別な作り方をするの??

と思われるかもしれません。

 

確かに特別なところもありますが、むしろ普通の砂糖・小麦粉を使ったお菓子作りの基本をより大切にした

お菓子作りをしています。

 

「お菓子作りの基本をより大切にしたお菓子作りをしています。」その理由は

砂糖・小麦粉を極力控えて作るか、お菓子によってはまったく使わない場合もあります。

砂糖・小麦粉の力を使えない分、より作り方が大切だからなんです。

 

低糖質スイーツと聞くと、私は病気でもないし必要ないと思われる方もいます。

 

でも、普通の小麦粉を使ったお菓子と同じくらいおいしくて、そして見た目もオシャレ

そして、結果的に低糖質なら、、より価値のあるお菓子作りだと思いませんか?

 

末永くお菓子作りができ、そして末永くお菓子を食べることを楽しめます♪

普通の砂糖・小麦粉を使ったお菓子では、食べる時に「罪悪感」があります。

 

でも低糖質スイーツとなら、「限りなく罪悪感ゼロ!」です。

 

プレゼントされた大切な人も低糖質スイーツなら

「こんなに私のことを気遣ってくれているんだ」

とアナタの心遣いに感動してくださるでしょう。

 

初回レッスンは特別価格3,300円(税込)できます。

 

詳細は以下のリンクをご覧ください。

糖質制限スイーツ作りについてのまとめ記事はこちら

「糖質制限スイーツ記事のまとめ」

奈良のシュクセお菓子教室

住所:奈良県生駒郡斑鳩町興留1-8-22(最寄り駅:JR法隆寺)

電話: 090-3613-4237 (井手)

営業時間:10:00~17:00

大切な方にプレゼントできる糖質制限スイーツ講座の詳細:https://www.succes-gateau.com/

教室へのアクセス:

https://www.succes-gateau.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

生徒様の感想:https://www.succes-gateau.com/voice/

予約ホーム:https://www.succes-gateau.com/contact/

ただいまLINE公式アカウント登録の方に

「糖質85%オフ!にんじんケーキレシピ動画」をプレゼント中です。

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

\ SNSで最新情報をチェック /

  • Instagram
  • facebook

奈良のシュクセお菓子教室

電話: 090-3613-4237 (井手)


奈良県 生駒郡斑鳩町 興留1-8-22 (JR法隆寺駅よりすぐ)


●車でお越しの場合

無料駐車場がございます

 

●電車でお越しの場合

JR法隆寺駅まで車で送迎いたします。

JR奈良駅から電車で1本で20分で教室まで到着します。

JR天王寺駅から快速電車で1本、教室まで30分で到着します。

JR大阪駅から快速で1本で50分で到着します。