· 

なぜ糖質制限スイーツでは油の選び方が大切なのか?

こんにちは。講師の井手 麻美です。

油=太る!と思っているそこのアナタにこそ、今日は知っていただきたい内容です。

 

表題は「糖質制限スイーツでは油の選び方が大切なのか?」となっていますが、ホントは糖質制限スイーツ云々ではなく

広く知っていただきたい内容です。

 

結論から言えば、糖質制限では油の摂り方がとても大切になります。

 

そもそも油は(脂質)は、体にとって必須の栄養素です。

 

糖質制限スイーツでは、植物油ではなくどちらかと言えばバターを使います。

 

市販のお菓子によく使われている「マーガリンやショートニング」は使いません。

 

バターを使う理由は、味がおいしいだけでなく、他の理由もあるからです。

 

それは、世間一般に定着している「植物性の油ならヘルシー」と言った単純な話しではないからです。

決して油は悪者ではありません。

 

どうしてもカロリーを気にされる方は、油を避ける傾向がありますが、人間の体に必要な必須脂肪酸を含む食品なのです 。

注意して欲しいのは、いい油を正しい方法で摂取することです。

 

油の種類と摂取方法を間違えると、アルツハイマー型認知症の原因

になる可能性があると指摘されています

植物油は体に優しい、は迷信だった

特に気を付けたいのがマーガリン・ショートニング・ファストスプレッド・加工油脂です。

 

こちらは、トランス脂肪酸が含まれていて、要注意な油だと言えます。

トランス脂肪酸は、アメリカ におい て  規制の対象となっていますが、日本ではまだ規制されていません。

マーガリン・ショートニングは、市販のお菓子によく使われています。

また加工食品にも使われています。

 

トランス脂肪酸で懸念されること・・・心筋梗塞、脳卒中

 

また植物油 サラダ油など に含まれるリノール酸の摂りすぎ

 

よくCM で、この油にはリノール酸が含まれていてヘルシー!と言った言葉を聞いたことがあると思います。

 

でもリノール酸の過剰摂取は、心筋梗塞・アレルギー症状、うつ病、がんなどを引き起こす可能性が指摘されています。

また最近では、外食やスーパーの総菜売り場では揚げ物がよく提供されるようになりました。

 

でも、リノール酸を200℃前後に加熱するとヒドロキシノネナールという毒素が発生します。

この物質が認知症を引き起こす可能性があると指摘されています。

 

なぜバターなのか?

まず、私たちの体に油脂が取り込まれた後、どうなるのでしょう?

 

グリセールと脂肪酸に分解され、さらに脂肪酸は

・飽和脂肪酸(バターなど動物性の油脂)・・・加熱しても酸化しにくい

・不飽和脂肪酸(主に植物油)・・・空気に触れるだけでも酸化しやすい。加熱に不向き。

に分かれます。

 

また飽和脂肪酸は更に

・中鎖脂肪酸

・長鎖脂肪酸(ココナッツオイル)

・短鎖脂肪酸(バター)

の3つに分かれます。

 

バターに含まれる短鎖脂肪酸は、実は脂肪細胞の燃焼を促進する作用があります。

また満腹感を与える作用もあります。

(摂りすぎはおススメしません。適量を摂取しましょう)

 

他のバターの効果を紹介しましょう。

・免疫力アップ(ビタミンA、ビタミンE)

・脳の働きの活性化(バターに含まれる中鎖脂肪酸の働き)

 

そのためバターは、非常に効率の良いエネルギー源になります。

 

今までもしあなたが、砂糖がたくさん入ったスイーツが好きで食べていたけど、今日から糖質制限スイーツに切り替えた

り、糖質を減らした食生活にしたとしましょう。

 

すると、今までは糖質に依存していたエネルギー源を脂質に切り替えていく必要があるのです。

そんな時、バターなどの動物性脂肪は特に体にとって必要となります。

 

【参考記事】

「糖質制限スイーツでは、なぜ生クリームやバター(脂質)を使えるのか?」

まとめ

昔は、バターは食べると血液がドロドロになる、と言われていました。

でも最近では、バターを食べても血液がドロドロになる、ということは迷信だと結論づけられています。

適量摂取なら、バターはとても優れた食品だと言えます。

 

 

それと比較して、市販のお菓子によく使われているマーガリン・ショートニングは安価で手に入るものの

これはオメガ6脂肪酸を無理やり固形化したもので、その過程でトランス脂肪酸が出ます。

 

トランス脂肪酸の何が問題なのか?と言えば、細胞膜の形成異常や免疫異常を引き起こすと言われているからです。

コロナウイルス下の今、特に免疫異常は避けたいところですね。

 

ところで、先ほどサラダ油などのリノール酸の摂りすぎに注意すると言いましたが、

これは摂取してはいけないという訳ではなく、摂りすぎに注意するという意味です。

現代の食生活では、リノール酸過多になりやすいので、あえて控えて食べるくらいが丁度いいのです。

 

世間ではまだまだバターなどの動物性の油脂が「体に悪い」と、古い考えを捨てきれずにいます。

でも世の中が変化するのと同様、栄養学というものもどんどん最新になっていきます。

 

お菓子を作る時にも、バターは太るし、植物性のサラダ油やマーガリンを使った方がいいのでは?

と思われている方もいます。

いえいえ、それは間違いだと分かっていただけたと思います。

 

その点、当教室の糖質制限スイーツ作りはバターを使いますし、砂糖をほとんど使わず糖質を低く抑えて

作ります。

トランス脂肪酸も含まず、糖質も低く、しかもおいしいので

 

・ダイエットなどで、お菓子を食べるのを控えている方

・大切な方の健康が気になり、お菓子をプレゼントしたい方

 

におススメです。

 

詳細は下記リンクをご覧ください。

 

【参考文献】

「疲労も肥満も 隠れ低血糖が 原因だった!」 溝口 徹著

p.91に「油の質に注意する」

 

糖質制限スイーツ作りについてのまとめ記事はこちら

「糖質制限スイーツ記事のまとめ」

奈良のシュクセお菓子教室

住所:奈良県生駒郡斑鳩町興留1-8-22(最寄り駅:JR法隆寺)

電話: 090-3613-4237 (井手)

営業時間:10:00~17:00

大切な方にプレゼントできる糖質制限スイーツ講座の詳細:https://www.succes-gateau.com/

教室へのアクセス:

https://www.succes-gateau.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

生徒様の感想:https://www.succes-gateau.com/voice/

予約ホーム:https://www.succes-gateau.com/contact/

\ SNSで最新情報をチェック /

  • Instagram
  • facebook

奈良のシュクセお菓子教室

電話: 090-3613-4237 (井手)


奈良県 生駒郡斑鳩町 興留1-8-22 (JR法隆寺駅よりすぐ)


●車でお越しの場合

無料駐車場がございます

 

●電車でお越しの場合

JR法隆寺駅まで車で送迎いたします。

JR奈良駅から電車で1本で20分で教室まで到着します。

JR天王寺駅から快速電車で1本、教室まで30分で到着します。

JR大阪駅から快速で1本で50分で到着します。