· 

糖質オフはいいと思っているけど一歩踏みだせない方へ糖質制限スイーツ

こんにちは。講師の井手 麻美(いで まみ)です。

最近、スーパー・コンビニなどでも糖質オフ商品が並ぶようになりました。

 

【参考記事】

糖質ゼロと糖類ゼロの違いを糖質制限スイーツで考える

 

消費者にとって、健康に配慮した商品を選べるというのはとてもありがたいことですね。

 

確かに、糖質オフ(低糖質)はやらないよりはやる方が大切だろうし、それに健康に良さそうなイメージがあるから

興味はあるけど、、という方もいるのではないでしょうか?

糖質オフは必要か?

糖質制限スイーツを教えていて思うのは、みなさん糖質オフ(低糖質)は確かに良さそうなんだけど、

ご自分が毎日どれくらいの糖質量を摂っているか?分からない方が多いのに気づきました。

 

糖質量を一日それくらい摂っているか分からないことには、みなさん糖質オフを自分事をして捉えれられない

ままになってしまうのではないでしょうか?

 

自分事として捉えられない=必要か不必要かも分からないまま、という状態です。

 

特に問題なのが、糖質オフが必要なのに対策できていない方が一番残念だと感じます。

 

一日の適正糖質量の計算方法

では必要か不必要かを判断するために、私を例に出したいと思います。

ぜひご自分に重ね合わせて、ご覧ください。

 

・まず標準体重を計算する

身長(m)×身長(m)×22で計算します。

私は身長160cmなので

1.6×1.6×22=56.32

(56.32kgが標準体重と算出できます。決して今の私の実際の体重ではないので悪しからず(笑))

 

・活動量

① 軽労働(デスクワークなど)

20~30kcal

② 普通労働(立ち仕事など)

30~35kcal

③ 重労働(力仕事など)

35kcal~

私の場合、ウォーキングとストレッチを毎日するので②普通労働30kcalにしておきます。

 

・栄養素としての糖質摂取割合

50%なので→0.5

 

・糖質の1g当たりのカロリー

4kcal

以上を踏まえて、適正糖質量の計算をします。

56.32×30×0.5÷4=211g

 

 

211gが私の一日の適正糖質量です。

一日でどれくらい糖質を摂っているのか?(私の場合)

では次に、糖質制限スイーツを始める前の私の食生活をのぞいてみましょう。

()は糖質量の目安です。

朝ご飯・・・ご飯茶碗一杯(55g)・バナナ1本(85g)・ヨーグルト150g(7.2g)

朝のおやつ・・・チョコレート20g(10g)

昼ごはん・・・ご飯茶碗一杯(55g)、サバの味噌煮150g(12.4g)、シーザーサラダ100g(5.5g)、出し巻卵50g(4.2g)

昼のおやつ・・・クッキー3枚(20g)

晩御飯・・・ご飯茶碗一杯(55g)、肉野菜いため(5.2g)、野菜の味噌汁(3.5g)、ほうれん草のおひたし(2.1g)

 

これは、ある日の食生活です。

一見したところ、バランスの良い食生活に見えませんか?

 

この頃から、外食はあまりしないので私は、食生活には自信をもっていました。

でも糖質量を計算したところ、320.1gもあるーー!!

適正糖質量は211gなので、約109gもオーバーしてました。。

 

この結果を見て、どう思われますか?

目をつむりましょうか??

それとも何かを変えますか??

 

現代の食生活は、気を付けていても糖質オーバーになりやすいので注意が必要です。

 

なおさら、コロナウイルス下で家に閉じこもりがちの方もいるでしょうし、テレワークで会社に出勤もしない

となると、運動量は激減します。

 

そうすると、どうなるでしょうか?

 

私の以前の食生活でも結構一般的に言えばマシな部類に入るとは思っています。

 

 

これにコッテリした外食が入ってくると、もう恐ろしいですね。

糖質制限スイーツなら罪悪感ゼロ!

でもやはり人間、息抜きも必要です。

 

例えば、スイーツが存在する意味合いとは何なのか?と言えば

・楽しみ

・心を穏やかにする

・料理とは違った特別感

 

というような存在意義があります

 

要はスイーツを食べるにしても一日の糖質摂取量を超えなければ、あまり問題ではないかもしれません。

 

でも現代の食生活で、お菓子を普通に食べると食生活に気を付けていたとしても糖質量をオーバーしてしまいます。

 

かと言って、スイーツを食べずにガマンし続けることは、スイーツ好きの人にとってはとてもツライことですね。

 

そのようなスイーツ好きだけど、健康も気になる、ガマンしたくない、という人のために糖質制限スイーツがあります。

 

【参考記事】

罪悪感なしで食べられる糖質制限スイーツ

 

糖質制限スイーツを端的に言えば、糖質を多く含む砂糖・小麦粉を極力控えて作るお菓子作りです。

 

例えば当教室のデコレーションケーキを例に挙げると

デコレーションケーキなら1カット糖質量が約3.5gです。

 

市販のデコレーションケーキなら1カット糖質量が約30gほどなので、糖質量を80%以上カットを可能にしました。

 

でもよく聞くのが市販の低糖質スイーツを食べたけど、おいしくなかったという声を聞いたことがあります。

 

一方、当教室の生徒さんのほとんどが、家族や彼氏、お友達に作ったお菓子をプレゼントされています。

 

生徒さん自身も、当教室の低糖質スイーツがおいしい!と思っていただいているからこそ、プレゼントされています。

 

どの方も自信を持ってプレゼントされていますので、その味と出来上がりに関しては自信を持っておススメできるものです。

 

買ったプレゼントもいいけど、自分で作った喜ばれるプレゼントを渡す、それも特別感があり、何より思い出に残るステキなプレゼントになります。

 

それになおさら、低糖質でオシャレならすごく喜んでもらえると思いませんか?

糖質制限スイーツ作りについてのまとめ記事はこちら

「糖質制限スイーツ記事のまとめ」

奈良のシュクセお菓子教室

住所:奈良県生駒郡斑鳩町興留1-8-22(最寄り駅:JR法隆寺)

電話: 090-3613-4237 (井手)

営業時間:10:00~17:00

大切な方にプレゼントできる糖質制限スイーツ講座の詳細:https://www.succes-gateau.com/

教室へのアクセス:

https://www.succes-gateau.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

生徒様の感想:https://www.succes-gateau.com/voice/

予約ホーム:https://www.succes-gateau.com/contact/

\ SNSで最新情報をチェック /

  • Instagram
  • facebook

奈良のシュクセお菓子教室

電話: 090-3613-4237 (井手)


奈良県 生駒郡斑鳩町 興留(JR法隆寺駅よりすぐ)


●車でお越しの場合

無料駐車場がございます


●電車でお越しの場合

JR法隆寺駅まで車で送迎いたします。

JR奈良駅から電車で1本で20分で教室まで到着します。

JR天王寺駅から快速電車で1本、教室まで30分で到着します。

JR大阪駅から快速で1本で50分で到着します。