· 

なぜ大阪府八尾市のカフェ経営の方が糖質制限スイーツ作りに興味を持ったのか?

こんにちは。講師の井手 麻美(いで まみ)です。

先日、大阪府八尾市より地元密着のカフェを経営されている方が

レッスンに来られました。

なぜ今回、当教室に来られたのか?そのことかたお話しします。

カフェのお客様に糖質制限スイーツを提供してみたい

まず、大阪府八尾市というと当教室から車で約30分ほどで到着します。

高速を使うともっと早く着きます。

また電車なら、JR大和路線で約20分ほどで到着します。

電車の方には、JR法隆寺駅まで送迎があります。

 

当教室までの所要時間のお話しはここまでにして、なぜこちらの生徒さんが当教室に来られたのかをお話しします。

先ほども言いましたが、大阪府八尾市で地元密着のカフェを経営されています。

住宅街の中にある、地元の方に愛されるカフェのようです。

 

カフェは、もう8年ほどされていて、おいしいコーヒーと手作りケーキを提供するお店です。

お客様は、ご高齢の方が多いようで毎日の憩いの場なのでしょう。

ご高齢の方が多い=健康を気にされている方が多いようで、今までは手作りで砂糖・小麦粉を使ったケーキを提供されて

来られましたが、

もっとお客様の健康面に影響がないお菓子を提供できないか?と思われていたそうです。

 

前々から、「低糖質スイーツ」には興味をお持ちだったのですが、低糖質スイーツ作りを教えてくれる教室などがなく

ずっと探しておられたとお聞きしています。

 

そして最近、やっと当教室を見つけていただきました。(ありがとうございます)

こちらの生徒さんは、お客様のために低糖質スイーツ作りを学んでみたい!と思われたのですが

実はもう一つ参加理由があるようです。

 

それは、以前に普通の砂糖・小麦粉を使ったお菓子教室にも参加されたようです。

このお教室の先生の作るお菓子も確かに素晴らしかったのですが、

試食時に先生の作ったケーキを提供された時のことをお話しされていました。

 

「私もある程度年齢がいっています(私から見ればお若いのですが。。)。

提供されたケーキを食べたら、胸やけを起こしていまって、、やっぱり年齢的に普通のお菓子(砂糖・小麦粉を使ったお菓子)は

体に合っていないのかな、と思いました。

カフェのお客様の中には、糖尿の方もいるので低糖質スイーツ作りに興味を持ちました。

他にもヘルシーなお菓子作りがあります。

例えば薬膳のお菓子も気になっています。

でも見た目がどれも茶色くて、見栄えがしないので、そこが気になっています。

やはり食べ物は見た目も大切ですから」

 

私もこちらの生徒さんのおっしゃることがとても共感できました。

 

ヘルシーなのも確かにとっても大切なんですが、見た目も同じくらい大切だと私も思っているからです。

なぜなら人間は、個人差があるようですが

「視覚が8割」

を占めていると言われています。

ということは、食べ物を食べる時に視覚でまずおいしいかどうか?

食べたいか・食べたくないか??

を判断していると言っても過言ではありません。

 

味も大切ですが、視覚を満足させることも食欲においては大切だと思っています。

ましてやお「お菓子」は楽しみのために食べますので、見た目+味+ヘルシーが三拍子そろっていることがベストではないでしょうか?

 

材料への質問をたくさんしてくださった生徒さん

そして肝心のレッスンですが、今回は「カボチャのモンブランシフォンケーキ」を作りました。

 

今まではレシピ本などを見て、シフォンケーキのみならず他のケーキも半自己流で作らてきたそうです。

 

そして何度もブログで書いていますが、まず卵黄の泡立てからしていただきます。

「え~!こんなに泡立てるんですか!?」

と、他の生徒さん同様の反応をしていただけました。

 

また粉類の混ぜ方についても、卵の泡をつぶしにくい混ぜ方もお伝えしました。

 

また小麦粉に代わって使う代替粉のことも、熱心に聞いてくださいました。

 

「低糖質スイーツ作りだから砂糖をあまり使わないのは分かるのですが、なぜ小麦粉を使わないのでしょう?」

と質問をくださいました。

 

そうそう、なぜ小麦粉を入れないのか??けっこう一般の方は知らないのです。

 

その理由をカンタンにえば

「小麦粉は乾燥した状態で約70%が糖質だからです。

つまり100g小麦粉を使えば、70gの糖質を摂取することになります。

確かに砂糖を控えて作るだけでもある程度の低糖質になります。

でも、小麦粉は高糖質な食品ですから、使ってしまうと十分な低糖質なお菓子にはならないのです」

 

当教室では1カットのお菓子の糖質量を約8gまでと基準を決めています。

それは、北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟先生が提唱されている「ゆるやかな糖質制限食」

の考えを参考にしているからです。

 

【参考記事】

なぜ低糖質スイーツの糖質量は8gなのか?糖質制限スイーツ作り

 

お菓子1カットの糖質量を8gとしているので、もし小麦粉を普通のお菓子作りと同様の量を入れてしまえば

カンタンにお菓子1カットの糖質量を8gという基準を超えてしまうからです。

 

本当にたくさんの質問をしてくださった生徒さんでした。

私自身もこちらの生徒さんの少しでも力になれれば、と思っています。

 

そして後日、以下のようにメッセージをいただきました。

「おはようございます。

先日は有難うございました。小さなお子様が居られるのに頑張ってて凄いなぁと感心しました。

とても勉強になります。先生には色々学ばさせて頂きたいこと有りますので、また参加させて頂きます。」

メッセージありがとうございました。

 

当教室では「大切な方にプレゼントできるオシャレな糖質制限スイーツ講座」を開催しています。

 

当教室の生徒さんのほとんどが作ったお菓子を

大切な人(ご両親・ご主人・奥さん・お友達)にプレゼントされています。

その理由は、見た目がオシャレでそしておいしいから、だとおっしゃっていただいています。

 

そのまま持参できるように、ケーキ箱に入れて持ち帰れるので、レッスンの帰りにプレゼントとしてそのまま渡していただけます。

 

初回レッスンはと特別価格で受講していただけます。

 

詳細は以下のリンクをご覧ください。

糖質制限スイーツ作りについてのまとめ記事はこちら

「糖質制限スイーツ記事のまとめ」

奈良のシュクセお菓子教室

住所:奈良県生駒郡斑鳩町興留1-8-22(最寄り駅:JR法隆寺)

電話: 090-3613-4237 (井手)

営業時間:10:00~17:00

大切な方にプレゼントできる糖質制限スイーツ講座の詳細:https://www.succes-gateau.com/

教室へのアクセス:

https://www.succes-gateau.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

生徒様の感想:https://www.succes-gateau.com/voice/

予約ホーム:https://www.succes-gateau.com/contact/

\ SNSで最新情報をチェック /

  • Instagram
  • facebook

奈良のシュクセお菓子教室

電話: 090-3613-4237 (井手)


奈良県 生駒郡斑鳩町 興留1-8-22 (JR法隆寺駅よりすぐ)


●車でお越しの場合

無料駐車場がございます

 

●電車でお越しの場合

JR法隆寺駅まで車で送迎いたします。

JR奈良駅から電車で1本で20分で教室まで到着します。

JR天王寺駅から快速電車で1本、教室まで30分で到着します。

JR大阪駅から快速で1本で50分で到着します。