· 

糖質制限スイーツ作りで使う粉類の説明

こんにちは。 講師の井手 麻美(いで まみ)です。

 

通常のお菓子作りで使う粉と言えば、「薄力粉(小麦粉)」になります。

 

でも糖質制限スイーツ作り(低糖質スイーツ作り)では、小麦粉を基本的に不使用か、もしくはごく少量にとどめて

使います。

 

なぜ使えないのか?と言えば、小麦粉は乾燥した状態で約70%が糖質になるので、糖質を抑えたい糖質制限スイーツ作り

ではあまり使えないことが理由です。 

糖質制限スイーツで使う粉類

本来、小麦粉の役割とはお菓子の骨格を形成する大切な役割があります。

 

では、小麦粉を使えない代わりにどのような粉で代用するのか?を今日はお話しします。

 

・小麦ふすま粉・・・ふすまとは小麦の外皮のことをさします。

そして小麦ふすま粉とは、外皮をひいて粉状にしたもののことです。

似たような粉に全粒粉がありますが、これは外皮も含めて小麦全体をひいた粉のことです。

つまり小麦ふすま粉は、皮の部分だけ使っています。

普通の白い小麦粉は、小麦の胚乳の部分だけを使っており、口当たりが良く使いやすいというメリットがあります。

一方デメリットは、皮と胚芽に含まれているミネラル・食物繊維などの栄養分がごっそり失われています。

その点、ふすま粉はミネラル・食物繊維・鉄分などの栄養分が豊富に含まれているのです。

ふすま粉は、外皮だけを使用しているので糖質がとても少ない粉になります。

 

・大豆粉・・・生の大豆を粉末状にひいたもののことです。

生の大豆をそのまま使っているので、必ず加熱して使う必要があります。

また似たようなもので「おからパウダー」があります。

これは、豆腐を作る時に出るおからを乾燥させて、粉状にしたものです。

基本的におからパウダーは、そのまま食べることができます。

 

・高野豆腐粉・・・書いて字のごとく高野豆腐を粉末にしたものです。

良質なタンパク質・不飽和脂肪酸・アミノ酸・カルシウムなどの栄養が含まれています。

100gあたりの糖質量が3.9gとかなり低糖質なのがうれしいです。

お菓子に入れても大豆臭さはさほど感じられません。

 

・小麦タンパク・・・糖質制限スイーツでは、小麦粉をあまり使えないことから小麦タンパク(小麦グルテン)を

少量添加して、生地の骨格を形成する手助けをさせます。

小麦ふすま粉、大豆粉、高野豆腐粉のいずれの粉もグルテンを含まないため、お菓子の骨格を形成する働きがありません。

それを補うために、小麦たんぱくを入れます。

 

・アーモンドプードル・・・アーモンドを粉砕して粉状にしたもの。

小麦粉の代替として使います。また生地やクリームにコクやしっとり感を与え、香ばしい味わいをもたらす働きも。

 もともとナッツは低糖質な食材なので、使いやすい。

糖質制限スイーツはおいしい?

8月のレッスンは「糖質90%オフの桃のタルト」を作ります。

 

この低糖質桃のタルトの糖質量は1カット約4.1gです。

 

一方、砂糖や小麦粉を使った市販のタルトは1カット糖質量が約40gです。

 

もとものタルトというお菓子の土台には、たくさんの小麦粉と砂糖が使われていることもあり

40gという高糖質な食べ物になってしまいます。

 

でもそれを低糖質でおいしく仕上げるには、代替えの粉類を約5種類ほども使って作る必要があります。

 

砂糖や小麦粉をたくさん使ったタルトであれば、小麦粉を使って作るのですが、糖質制限スイーツの場合

そうはいきません。

 

この記事を読まれた方はきっと一様に

「ところで、糖質制限桃のタルトっておいしいの?」

 と思われているでしょう。

 

先日お越しいただいた生徒さんが、食べられたところ

 

「これ、本当においしいですね!市販のタルトはすごく甘いじゃないですか。すごくスッキリした味わいです。

市販のタルトよりおいしいですよ

もっとこのケーキ(低糖質スイーツ)がスポットライトを浴びないといけませんね。

これ(タルトのこと)、ホントに糖質4.1gなんですか?すごい低糖質ですね。」

 

 と言っていただけました。

 

【タルトの糖質4.1gが持つ意味】

 例えば私の一日の適正糖質量が213gですから、3食お茶碗一杯の白ご飯(1杯糖質量約55g)を食べていると

→白ご飯だけで165gになり→さらに市販の砂糖や小麦粉を使ったタルト(1カット糖質量約40g)を食べた場合

→合計205gとなり、後はおかずに含まれる糖質量だけですぐにオーバーしてしまいます。

 

一方、タルトが当教室の低糖質スイーツだったとしましょう。(私の場合で比較)

3食お茶碗一杯の白ご飯(1杯糖質量約55g)を食べていると

→白ご飯だけで165gになり低糖質タルトの1カットの糖質量が約4.1gなので→合計糖質量が169.1gとなり、

約44gほどまだ余裕が生まれます。

 

毎日タルトを食べることはないにしても、日常的にスイーツを食べる方の場合、この44gの余裕の積み重ねは

 

大きいのではないでしょうか?

プレゼントできるおいしくオシャレな糖質制限スイーツ作り

当教室の糖質制限スイーツ講座は、単なる低糖質スイーツを作れる講座ではありません。

なぜなら、プレゼントできるおいしくオシャレなスイーツを作れることも大切にしているからです。

そのままプレゼントできるよう、箱に入れてラッピングして渡せる状態でお帰りいただけます。

スイーツをもらった方も低糖質スイーツなら、ダイエットや健康に優しいのでより喜ばれることでしょう。

 

初回レッスンは特別価格の3,300円(税込み)で受講できます。

ムリな勧誘は行っていませんので、安心してお越しください。

 

講座の詳細は、以下のリンクをご覧ください。

糖質制限スイーツ作りについてのまとめ記事はこちら

「糖質制限スイーツ記事のまとめ」

奈良のシュクセお菓子教室

住所:奈良県生駒郡斑鳩町興留1-8-22(最寄り駅:JR法隆寺)

電話: 090-3613-4237 (井手)

営業時間:10:00~17:00

大切な方にプレゼントできる糖質制限スイーツ講座の詳細:https://www.succes-gateau.com/

教室へのアクセス:

https://www.succes-gateau.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

生徒様の感想:https://www.succes-gateau.com/voice/

予約ホーム:https://www.succes-gateau.com/contact/

\ SNSで最新情報をチェック /

  • Instagram
  • facebook

奈良のシュクセお菓子教室

電話: 090-3613-4237 (井手)


奈良県 生駒郡斑鳩町 興留(JR法隆寺駅よりすぐ)


●車でお越しの場合

無料駐車場がございます


●電車でお越しの場合

JR法隆寺駅まで車で送迎いたします。

JR奈良駅から電車で1本で20分で教室まで到着します。

JR天王寺駅から快速電車で1本、教室まで30分で到着します。

JR大阪駅から快速で1本で50分で到着します。